為替相場に左右されそうな最近の株式市場動向

最近の株式市場は、為替相場によって変動することが多いので、為替に関するニュースには特に注意する必要があると思います。円は一時100円近くまで円安に振れていましたが、最近は97円から98円近辺をウロウロしています。これは、新興国を中心とした急速な円安に対する懸念が伝えられているためです。近日G20が開催されますが、そこでの日本の金融緩和政策に対する内容が注目されています。黒田日銀総裁が初めてG20に参加することもあり、この日以降に株式市場も動きを見せそうです。
最近の平均株価は、13000円台をキープし続けています。株価が上がったら下がる、下がったら上がるという傾向を繰り返しながらも、平均するとやや上昇し続けているので、14000円台に突入するのは時間の問題かと思います。これがいつ15000円台になるかは難しい所ですが、少なくとも年末までには突破するのではないかと思っています。

売るに売れない含み損の大きな株を持っています

私は売り時を逃した含み損の大きな株を持っています。このところの円安傾向で、少しは戻したものの、含み損はトータルで200万円以上です。
大きな資産を持って、運用されている方からすれば、知れているのかもしれませんが、サラリーマンに取っては大きな損失です。
保有している企業は輸出関連株ですが、最近は業績も悪く、無配に転落し、わずかな楽しみさえもなくなりました。
売ってしまおうかとも思いますが、踏み切れません。当面、この株を売らなくても、何とかなるので数年間は塩ずけにして、企業の業績回復を待とうかとも思います。
やはり、日経平均の上昇率に比べて、保有している企業の株価上昇率は低迷しています。同じ円安の風を受けても、やはり企業業績の差が如実に出ているという事でしょうネ。
株価の上下に、一喜一憂せずに、この際勉強と思って、企業業績の推移をじっくりと見守り、株価への反映をチェックしたいと思います。

期待で買い、実態で売り

今の株式相場の上昇はまさしく期待先行と言うことでしょう。よく言われますが株式相場と言うのは半年後の経済の状態を反映するのだということです。では半年後の日本景気はかなり良いということになりますが、多くの人は期待があまりにも先行し過ぎであるような気もしています。
しかし、景気がよくなっていく状況と言うのはこのような懐疑のから始まるということも経験上明らかでありますし、懐疑的な雰囲気であるよりも楽観的な雰囲気の方が先行きがよくないということも経験しています。
日本の景気がこのまま回復するのか、期待先行で結局はあまり回復していかないのかはよくわからない所ではありますが、株式相場だけを見ているとしばらくの間は景気回復の少なくとも雰囲気は出てきているのではないでしょうか。
報道などによると株式投資を始めようとする人が増えているようですし。