バブル?それともまだまだ?

最近、これまで株式市場の動向に興味、意見を持っていなかった人からも、話題に出て来るようになった。単に、凄いらしいねと言う人ももちろんだが、、会社で加入した確定拠出年金の運用利回りが良くなって、ようやくやってて良かったと思えるようになったという声もチラホラ聞く。
株式に限らず、それまで興味のなかった人が話題にするようになれば、それはピークだというのを聞いた事があるが、今回の株式市場の動向には、もう少し期待したい。その理由としては、①日銀の緩和策が始まったばかりであること、②米国市場の動きと比べると、出遅れ感があること、③過去のバブルの経験から、積極的な動きをみせる一般投資家がそれほど増えたとは思えない中での動きであること、などが挙げられる。
一方で、もし今がピークに近いのであれば、今後下落基調となる要因としては、①隣国の動向、②自民党の支持率が下がる何らかのニュース、③天災などが考えられる。