アベノミクスで注目の銘柄

アベノミクスによる政策で、株価が大きく変動する可能性がある銘柄は何かを考えてみます。まず注目なのが、幼児教育無償化の銘柄です。政府は幼児教育の無償化を検討しているとされるので、これが実現したら幼児教育に関連した株が値上がりする可能性があります。保育サービスを行っている会社はもちろんのこと、学童倶楽部を運営している会社、幼児教育のコンサルタントを行っている会社等にも注目するのも良いかもしれません。具体的にはJPホールディングスやニチイ学館などが挙げられます。他にはips細胞に関連する銘柄、公共事業に関連する銘柄などがアベノミクス銘柄として注目されています。

ただアベノミクス銘柄として注目されるものは数多くあるので、手当たり次第に手を出し過ぎるのは危険です。自分の興味のある政策、知識がある政策に絞って投資するのが無難だと思います。

株式投資はズバリタイミングだけ!

株式投資は、タイミングだと思います。右肩上がりの会社も存在しますが、稀です。やっぱり、山あり谷ありのチャートになります。谷の部分、底値で買いたいと思うのは、当然でしょう。実際は、そう上手くいかないですけどね。

どちらかというと、下がる局面で買うより、上がる局面で買ったほうが、勝ちやすいでしょう。勿論、10年とか20年とかいうロングタームなら、下がる局面で買っても全然問題ないと思います。アメリカの株式は、どんどん右肩上がりですが、日本の場合、1980年代のバブル時代が、頂点です。あの時の株価は、四万円近くでした。

今、アベノミクス株高と言われますが、二万円にも満たないのです。今が低いのか当時が異常なのか、その辺は、人によって色々だと思いますが、まだ上がって欲しいと思う人は、多いと思います。

一方、現在の株高が、円安、つまり、業績ではなくドルベース換算であるのも有名な話であり、株価は、倍になっていますが、ドルが、円に対し1.5倍になった事も忘れるべきではありません。つまり、円安局面の時は、株式投資するのに相応しいという事ができます。勿論、輸入企業は、除きますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>